DTPab

DTPにまつわるあれこれ

技術書典7 TazBooksさんの新刊に寄稿しました

【8/27 21:00 追記】委託本の書影を追加しました

ご案内

前回に引き続き、今回もお声がけいただいてTazBooksさんのAdobeCCアンソロジーの新刊に寄稿しました。

techbookfest.org

サークルチェックよろしく!

寄稿内容

僕は「InDesign × 正規表現」というテーマで、InDesignの正規表現検索置換と正規表現スタイルについて書きました。
時間と紙幅の都合でボリュームとしては10数ページになりましたが、前半は逆引き正規表現、後半はInDesignの正規表現検索置換・スタイルにおける注意点です。

目次

逆引き正規表現

  • 2倍ダーシの泣き別れを防止したい
  • 送り仮名の統一
  • 繰り返し使われる語句(重言・畳語)を装飾したい
  • 目次のリーダー罫
  • 括弧で囲んだテキスト
  • 段落末尾の分割禁止
  • ある文字列以降すべてのテキスト

InDesignの正規表現スタイル・検索置換についての諸情報

  • ¥\
  • 文字コードを意識する
  • 何でもかんでも正規表現スタイルで解決しない
  • 正規表現検索置換で文字を置き換える仕組み
  • 空欄での検索置換
  • 位置を示すメタ文字の検索
  • 正規表現スタイルで正しくマッチしない文字
  • 字形情報が検索置換クエリに保存できないバージョンがある
  • CC2019で正規表現検索が正常に動作しない
  • 置換でスタイルを変更するとき
  • 肯定・否定読みを利用する際の検索条件
  • メタ文字の文字範囲が変更されている

そのほか

ほかにもXDやDTPerのためのWordなどバラエティ豊かな知識が満載です。お楽しみに!!!

委託本

TazBooksさんに委託するつもりで現在鋭意執筆中です。

f:id:uske_S:20190827210815p:plain

「InDesign × GoogleAppsScrpt ルビ振りAPI編」と題して、ExtendScriptだけでGoogleAppsScriptにアクセスし、そこからYahoo!のルビ振りAPIにアクセスするという回りくどい方法でWebAPIにアクセスしたその軌跡を本にします。
標準で用意されているSocketオブジェクトを使わず、より有利なCEPも使わず、しかも間にわざわざGoogleAppsScriptまで噛ませているのです。一見無駄に思える回り道ですが、さまざまなことが勉強になりました。
その一端でもお伝えすることができたらという思いと、GoogleAppsScriptがとても便利なのでDTP業界にももっと使ってもらいたいという思いと、そんな気持ちで執筆しています。

今回は無理やりExtendScriptからAppleScript経由でシェルのcurlコマンドを叩くことになるので、この本に掲載されるコードについてはすべてMacでのみ正常に動作します。Windowsユーザーの方でVBSが利用できてcurlコマンドも使える、という方は読み替えてもらえば同じことができるでしょう。

ただ、もし次にGoogleAppsScriptと連携させるときは、迷わずCEPにしますw
今回はどうしてもExtendScriptで実装してみたかった、できそうだからやってみた的な側面もありますので、暖かく見守っていただければ嬉しいですw

というわけでがんばって書いてますので、みんな買ってくれよな!!!