DTPab

DTPにまつわるあれこれ

Adobe CC Apps拡張機能まわりのApple silicon/ARM対応状況

Adobe Tech Blogに下記のような記事がアップされています。詳しくは元の記事を参照。

medium.com

CC Apps対応の概略

Gistにcsvがアップされていたので拝借。 gist.github.com

CEP panel

Photoshop以外では動作します、とのこと。記事によるとRosetta 2で動作させてって感じです。

CEP will work when running Photoshop with Rosetta 2 on Apple silicon.

ExtendScript & SUI

問題ないっぽい。

Generator(Photoshopのみ)

CEP panel同様。このGeneratorという機能はPhotoshop専用機能だそうです。

UXP

こちらは問題なしとのこと。

今後(雑な意訳)

遅かれ早かれ、CEPはUXPへ移行します。
が、非対応・削除のスケジュールなどは明確に決まっておらず、アプリケーション毎に対応の予定。

Photoshopを除くすべてのアプリで、Apple silicon対応の初期ベータ版はCEP(またはその他の拡張機能)をサポートしていない可能性があります。
ただし現在はベータプログラムとしてリリース予定。

Photoshopのみ、CEPとGeneratorのサポートはネイティブARMビルドでのみ削除されます。つまり、PhotoshopユーザーがCEPまたはGeneratorを必要とする場合、互換モードでPhotoshopを実行する必要があります。

AdobeはIntel Macのサポートを今後もしばらく継続しますが、上記非対応な拡張機能を使用したい場合、しばらくは互換モードによる利用の必要があるでしょう。

最後に

僕自身はPhotoshopの拡張機能の開発は行っていませんが、特にPhotoshopユーザーには大変みたいでした。
それと、いずれUXPに移行するだろうとは思っていましたが、CEPは将来的に完全に切り捨てる予定みたいですね。

速報的にななめ読みしたので、理解が間違っていたらご指摘ください。