DTPab

DTPにまつわるあれこれ

illustrator

Illustratorのスクリプト勉強中④

前回までのあらすじ 前回のコード このスクリプトの最終型 今日の目標 前回の補足 値を入力させてそれを受け取る 文字列型から数値型への型変換 水平方向に隙間なく並べる 座標値からソートする 左から順に隙間なく並べる 今日のコード ちょっと間が空いてし…

Illustratorのスクリプト勉強中③

前回までのあらすじ 紆余曲折を経て、選択しているオブジェクトをなんとか整列させるところまでできました。オブジェクトの移動だけならObject.positionプロパティに配列を渡すだけでいいんですね。 また、geometricBounds、controlBounds、visibleBoundsの…

Illustratorのスクリプト勉強中②

前回までのあらすじ 前回のコード 今日の目標 座標を取得する 3つのBounds オブジェクトを整列しよう で、結局どうやって移動するの 0番目のオブジェクトにあわせて整列する 前回までのあらすじ ちゃんと続きましたw 選択しているオブジェクトがどんな順番で…

Illustratorのスクリプト勉強中①

はじめに どんなスクリプトを作るか オブジェクトを捕まえる どういう順番で並んでいるのか 色成分って…? 色成分を配列に取得する関数 選択したオブジェクトの順番がわかった はじめに 職場でスクリプトの制作依頼をもらわない限り、僕は基本的にIllustrato…

Mac版Adobeアプリに関する注意喚起:Unicode正規化

先日、あさうすさんがWindowsへの乗り換えに関する記事をアップしていましたね。最近のWindowsはスペックが良いいのに安いという、コストパフォーマンス面ではMacは太刀打ちできません。しかもOSの管理がMacほどひどくない(ここ重要)。 それとは逆にMacに…

アートボードから飛び出た部分を収めたい

イラレのスクリプトを久しぶりに作ってみました。 コードは以下の通りです #target "illustrator" var result = main(); if (result) alert(result); function main(){ if (parseInt(app.version,10)<15) return "IllustratorCS5以降対応のスクリプトです"; …

Illustratorのグラフツールが使いづらい①/目盛り編

数回に分けて、Illustratorのグラフツールがいかに使いづらいか書いていきます。 このグラフツールの使いにくさは半端じゃなく、マジで使いにくい(使えないとは言ってない)のですが、仕方なく使う場合の豆知識みたいなものを書いていけたらと思っています…

イラレで字形の一括置換をしたい

昨晩0時過ぎに帰宅してから書き始めたコードですが、いつの間にかマシンの前で寝てしまい、気づいたら4時でしたw さて、本題です。 Illustratorの検索置換機能が貧弱すぎるので、何かやろうと思うと大抵スクリプトのお世話になります。 今回は漢字の字形を…