DTPab

DTPにまつわるあれこれ

macOS Catalinaで32bitアプリケーションが動かなくなる

概要

先日リリースされたmacOS 10.15 Catalinaですが、以前から言われていたように、32bitアプリが動かなくなっているようです。
32bitアプリには、Adobe CCアプリケーションの中でもCS6以下のほとんどのものが含まれており、ExtendScript Toolkitも含まれます。
今回はESTKの処遇について記事にしました。

Catalinaにアップデートすべきか?

下記のAdobe Tech Blogの記事において、Catalinaにアップデートする際の注意点が書かれています。

medium.com

  • If you absolutely depend upon the capabilities of ESTK, you should not update to macOS 10.15 Catalina at this time.
  • If you wish to upgrade, you can use the VSCode ExtendScript Debugger plugin. This does not replace all the capabilities of ESTK, so you’ll want to be sure that it will meet your needs before you upgrade to Catalina. You can review the supported and unsupported features here.

要するに、

  • もしESTKに依存した開発環境であれば、現時点でCatalinaへのアップデートはしない
  • 仮にアップデートする場合は、VSCode ExtendScript Debugger pluginを使う
    • ただし、VSCodeのES DebuggerはESTKの機能を全て代替するものではない
    • サポートされる機能とされない機能をよく見比べてから乗り換えをする

ということです。

VSCodeのES debuggerが最適解なのか?

自分が使っている使用感として、VSCodeのES Debuggerは悪くないです。
悪くないんですが、ESTKほど手軽にスクリプトを試せないというのが不満ではあります。
このへんは実際に使ってみていただいて比べるしかない(かなり好みによるかも)のですが、エラーがすぐにエラーとして吐き出されないとか(しばらくVSCodeが固まる)、エラーを起こして一度アプリへのイニシャライズが通らなくなると再起動を余儀なくされるとか、ままあります。
ただそれでもVSCodeが素晴らしいエディタであり、その機能を利用した開発環境は申し分ないです。

気をつけなければいけないのは、VSCode ES DebuggerがAdobeアプリのスクリプト開発専用ツールではなく汎用な開発用のエディタであることと、ES Debuggerはそのエディタのあくまで拡張機能のひとつであること、ということです。

もしこのVSCode ES Debuggerが使いにくいのであれば、わざわざこれを利用する必要はありません。CotEditorなど、使い慣れたエディタでコーディングするのもアリでしょう。
しかし、やはり個人的にはVSCodeという優れた開発環境の中でExtendScriptを開発できるという旨味をぜひ味わっていただきたいと思います。
VSCodeでのExtendScriptの開発が最適解かどうかはおそらく個人の好き嫌いによるところが大きいのですが、僕自身は非常に推しています。

もし環境構築などでうまくいかないなどあれば、もくもく会で直接レクチャーすることもできますし、Slack*1などで相談してくださってもOKです。何かしらお手伝いはできると思いますので、ご相談ください。

ESTKの今後

前掲のブログには、最後にこのような記述があります。

Additionally, the ESTK installer is no longer available for installation from the Creative Cloud Desktop application. We’ll be announcing a way to download this tool for versions of macOS prior to Catalina should you need to download ESTK in the coming days.

「ESTKはCCDAからすでにダウンロードできなくなっており(マジ?)、Catalina以前のOS用に別途ESTKをダウンロードする方法を用意し、近日中にアナウンスする予定」ということのようです。
ESTKがAdobeからその存在を抹消されることはないようで、エコシステムチームの配慮に感謝ですね。でもそれなら今後ダウンロードできるESTKではあのバグは直したものを配布してほしい…。

まとめ

  • CatalinaではESTKが動かない
  • CatalinaではVSCode ES Debuggerを使おう(サポートされる機能はチェックしよう)
  • ESTKがCCDAからダウンロードできなくなっているが、以前のOS用に別途ダウンロード方法が後日アナウンスされる

というわけで、次回のDTPerのスクリプトもくもく会が11/30 13:00〜開催予定です(募集は今日の夜21:00から!)。
ご相談いただければ環境構築のお手伝いもしますので、お気軽にご参加ください!

dtpmkmk.connpass.com

*1:DTPerのスクリプトもくもく会のSlackがあります。詳しくはconnpassのグループページからどうぞ。

https://dtpmkmk.connpass.com/