DTPab

DTPにまつわるあれこれ

InDesign CC2017以降のSUIのデバッグのしにくさが加速

InDesign CC2017以降、ESTKから実行したスクリプトでScriptUIの仕様が変わっているようです。
typeがpaletteのとき、SUIダイアログがwindowのようにアプリケーションの裏側に回り込んでしまうようになりました。

f:id:uske_S:20190204160520g:plain

スクリプトを保存し、スクリプトパネルから動かす分には問題ないです。

ただESTKからまともに利用できないということは、ますますESTK離れが進むだろうなという印象です。
スクリプトパネルから叩くしかないなら、わざわざESTKでコーディングする意味もなくなります。
皮肉にも、前回の記事のようにTypeScriptによる開発>トランスパイルしてjsファイルを生成、それをスクリプトパネルから叩く、という使い方に沿うような形になってしまいました。

uske-s.hatenablog.com

SUIを利用していてESTKで開発/デバッグしている方はお気をつけください。