DTPab

DTPにまつわるあれこれ

第24期クロスメディアエキスパート検定試験論述試験の模範解答に選ばれました

以前ツイートしましたが、昨年(2017年)受験したクロスメディアエキスパート検定試験の論述試験の成績が良かったそうで、JAGATから模範解答としてサイトに掲載したいと打診がありました。
ちなみに、受験の経緯と感想などはこちらの記事に書いています。

uske-s.hatenablog.com

まぁいきなり答案だけ読んでもって感じなので、僕が受けた第24期論述試験の設問がこちらに掲載されていますので、まずはさらっと眺めてみてください。

【第24期与件:ブライダル】クロスメディアエキスパート 記述試験 | JAGAT

これがA4中綴じの状態で渡されるわけですが、ここから提案に必要な情報を抽出し、噛み砕き、提案を組み立てるという作業を行います。また、「提案書」を作成する試験なので時候の挨拶を含めた定形書式にする必要がありました。僕は普段はDTPオペレーターなわけですから、そんなもの書いたことがありませんw 論述試験の勉強というか対策でいちばん苦労したところです^^;
そんなことはさておき、実際の回答がこちらです。

「英国風ゲストハウスで素敵な1日を過ごそう」キャンペーン | JAGAT

提案内容で気をつけたのは、

  • 依頼主の要望に沿うこと
  • AISAS*1を意識し、フェイズ・ターゲットを明確化すること
  • 提案した施策の効果測定ができること
  • 提案した施策による費用対効果が見込まれること(=イニシャルコスト・ランニングコストを意識する)
  • ユーザーがリピートする、情報が伝播する仕組みをつくること

あたりですが、それ以上に「制限時間内で提案を考えそれを文字にする」というのがやはり最も厳しいハードルだったなと思います。

サイトにアップされている答案はJAGATが入力してくれたようですが、実際にはこれをすべて手で書いています。
そうなんです! 手で! 書きました! シャーペンで! クロスメディアとは!?

おっとすみません、取り乱しました…。

で、実際掲載されてから知ったんですが、論述試験って各期1名なんですか?
それなのに僕の答案で良かったんですか…?
という一抹の不安を覚えつつ、まぁ評価されたということで喜んでおきます^^/

*1:AISASについてはこちらなど。