DTPab

DTPにまつわるあれこれ

ESTKのインターフェイスを今風にアレンジ

ふと思い立って、ESTKのインターフェイスを今風にカスタマイズしてみました。

f:id:uske_S:20180614202936p:plain

ちょっとBracketsっぽくなりました?
まぁ基本的にBrackets使ってるのでESTKは割とどうでもいいんですが(ひどい
一応、こんなふうな(見た目だけ)モダンな感じにしたい方は以下をどうぞ。

使用したフォント

github.com

AdobeがリリースしているフリーフォントSource Han Code JPを使いました。
Latest Releaseから最新版のフォントをインストールしてください。
OTC版かOTF版かはお好みで。

シンタックスカラー

バグフィクス

ESTKの日本語環境は致命的なバグがありますので、以下の記事をまず参照。

ESTKを改造、というかバグ・フィクスを…ten5963.wordpress.com

で、ここにあるTen_A先生のdatファイルを利用するとESTKが動物園になりますwww
なので、いちおう僕が修正したdatファイルも勝手に置いておきます^^;;(てんせーいつもありがとうございます)
ちなみにMac環境でしか試してません。

www.dropbox.com

置き場所は先程の記事を参照してください。
お〜まちさんがWindowsの場合のファイル保存先をコメントしてくださっているので、Windowsの方はコメント欄をご覧ください。

カラー設定

これでESTKのカラーリングを行うことができるようになりました。
シンタックスカラーは環境設定から行うのですが、僕が設定したBrackets風(それも結構適当)のものでよければ参考までに置いておきます。

www.dropbox.com

置き場所は、お〜まちさんの教室でも話に出た、オブジェクトモデルのxmlと同じです。
参考までにMacの場合はここです。

~/Library/Preferences/ExtendScript Toolkit/4.0/Preferences.xml

念のため、現在置いてあるPreferences.xmlはバックアップを取っておいてください。
なければESTKが勝手に作ってくれるとは思いますが。

以上、ESTKの小ネタでした。
試してみたけどうまくいかないよー!という方がいれば、Twitterかコメントでお知らせください。