DTPab

DTPにまつわるあれこれ

GoogleAppsScript メモ書き

いつも探しに行くのが面倒くさくて自分用メモ書き。メッセージダイアログ関係の処理。

公式リファレンスはここ。

Class Browser  |  Apps Script  |  Google Developers

inputBoxmsgBoxなどの基本となるメッセージ表示系クラス。
ExtendScriptライクに使いたいのでスクリプトをアップしておきます。

promptメソッド

入力を促すダイアログを表示し、入力された文字列を戻り値として取得する。

var input = prompt("表示するメッセージ"); という感じで使う。

f:id:uske_S:20180531115422p:plain

サンプルコード

function sampleCode(){
  var input = prompt ("◯◯を入力してください");
  function prompt (mes){
    var string = Browser.inputBox(mes);
    return string;
  }
}

confirmメソッド

メッセージを表示し、OKかキャンセルかを問うダイアログを表示する。
OKが押されればtrueを返し、キャンセルが押されればfalseを返す。

var response = confirm("表示するメッセージ"); という感じで使う。

f:id:uske_S:20180531120444p:plain

サンプルコード

function sampleCode(){
  var check = confirm ("よろしいですか?");
  function confirm (mes){
    var res = Browser.msgBox(mes, Browser.Buttons.OK_CANCEL);
    if (res === "ok"){
      return true;
    } else {
      return false;
    }
  }
}

gsファイルへの記述

サンプルコードでは使いたい関数の中で定義しているけど、冒頭に変数に代入する形で宣言してもいいし、呼び出し関数として末尾に記述しておいてもよい。

f:id:uske_S:20180531121215g:plain

function sampleCode(){
  var response = confirm ("よろしいですか?");
  var input = prompt ("こんな感じで呼び出せばスマート");
  //メインとなる関数の外に宣言しておけばいつでも使える
}

function confirm (mes){
  var res = Browser.msgBox(mes, Browser.Buttons.OK_CANCEL);
  if (res === "ok"){
    return true;
  } else {
    return false;
  }
}

function prompt (mes){
    var string = Browser.inputBox(mes);
    return string;
}